コーチ陣紹介

コーチ陣は全てボランティアによるもので、コーチング経験の長い者を中心に、父兄が指導に参加することで、子供たちが飽きることなく、楽しく練習できる環境を作っております。

子供達の年齢差による『出来ることの違い』に合わせて、学年ごとに複数名のコーチが子供たちの練習を安全にサポートできるほどに充実しているところが特徴です。


代表: 石田勝一 (いしだまさかず)

 

城陽ラグビースクールの石田です。

 

 私がスクールの指導員になったのは、

昭和60年当時、城陽ラグビースクールが開校する以前に、

初代校長である大野木校長に私が城陽高校でラグビーをしていたことを

知っていただいていたことで、お誘いをいただき今日まで続けております。

 

 ラグビーは、人を作り人を育てるスポーツと考えております。

これからもよろしくお願いいたします。




監督:  松本雅彦  (まつもとまさひこ)

 

 ラグビーを始めたのは、

今から47年前、鴨沂高校の1年生の時です。

それから、大学2年生で健康上の理由で選手続行を断念するまで、

たった5年間の短い選手生活でした。


 故大野木前校長にラグビースクールの指導の話をいただき、

以来32年間、子供たちたちとラグビーを楽しんでいます。


 ラグビーは、数ある球技の中でも最も人間的で、

人間性が出るスポーツだと思います。



指導員: 井出 昭宣 (いで あきのぶ)

 

 城陽ラグビースクールとの出会いは、

初代の「大野木敏夫 校長」の部下として、城陽市役所で

一緒に仕事をさせていただいたことから、

ラグビースクールを立ち上げるに当たり手伝ってくれ、

とのお誘いを頂いたことが始まりです。

 

私は、ラグビーの経験者ではありませんが、

一緒に指導させていただいてきたコーチの方々から教わった指導方法を、

子供達に判りやすく伝えるよう努めています。

 ラグビーと出会ったことに感謝しています。この気持ちも一緒に子供たちに伝えたいと思います。